スキンケアの最近情報

最近、注目されているスキンケア方法の一つとして、何もしないといったものがあります。
何もしないと聞くと、あまりに無謀なのではと思う方も多いかもしれませんが、実際に某研究チームが行ったスキンケアについての実験において、興味深い研究結果が発表された事からこの方法が注目されています。
この研究では、日本流のスキンケアを外国人の被験者に一か月間、行ってもらい、更にはフランス流のスキンケアを日本人の被験者に同じく一か月間、行ってもらうと言ったものでした。
一か月後には、外国流の洗顔と保湿のみを行った日本人の被験者はそれまでの敏感肌の症状が改善され、逆に外国人の被験者は敏感肌の症状が現れてしまったといったものでした。
これにより分かった事は、日本流のスキンケアはあまりにも重ね塗りをし過ぎており、その結果、肌に大きな負担をかけていたという事が分かり、その一方で外国式の極めてシンプルなスキンケアは肌を正常な状態へと導くといったものでした。
日本流では、様々な効果を取り入れようと考えるあまり、いくつもの化粧品を重ねて塗ってしまう傾向があり、それが却って肌への大きな負担となり、その結果、敏感肌を始め乾燥肌の原因となっているのだと言えます。
その為、この研究結果を知った女性達の間では、化粧品を一切に塗らないといった方法や、外国流の洗顔と保湿のみといったシンプルケアを行っている人が増えています。
勿論、これらにも個人差があり、一概にこの方法がベストであるとは言い切れませんが、色々と試行錯誤しているが肌の状態が良くならないといった場合や、敏感肌の症状が現れ、対処方法を模索しているといった方には突破口となる方法であるのかもしれません。

正しいスキンケアとは

スキンケアと聞くと化粧水や美容液などのアフターケアについてのことかなと考える方も多いと思いますが、実際はクレンジングや洗顔もスキンケアの1つなのです。
もっと言うとスキンケアで1番大切なことはクレンジングと洗顔にあると言っても良いかもしれません。
メイクを落とすときは1番時間をかけて、丁寧に優しく行うことがポイントです。
メイクを落とさないとその後のケアは全く意味のないものとなってしまいます。
しっかりと落とすためにも少しぬるめのお湯で十分なぐらいすすぐようにしましょう。
水の温度が熱すぎると皮脂を余分に取り過ぎてしまいひどい乾燥状態になってしまうことがありますし、冷たすぎると汚れが落ちにくくなってしまうことがあるのでぬるま湯をお勧めします。
そして洗顔ですが、ゴシゴシは絶対にNGです。
クレンジングでしっかりと汚れが落ちている上に、洗顔でさらに肌を洗浄してしまうとひどく乾燥してしまいます。
肌の乾燥は皮脂の異常分泌を促し、べたつく肌を生み出してしまうので注意しましょう。
指の腹全体を使って優しくなでるようにして洗いましょう。
その際にしっかりと泡立てて泡を肌につけるような感覚で行うと良いです。
このようにクレンジングと洗顔をしっかりと行って、余分な汚れを落としてから化粧水などでしっかりとアフターケアを行ってください。
アフターケアの順番も大切で、化粧水→美容液→乳液の順番に行いましょう。
化粧品メーカーによっては順番が違うこともありますが、大抵はこの順番が良いです。
化粧水を手のひらでしっかりと温めてから肌に浸透させて、しっかりと吸収したところで美容液を塗ります。
乳液は水分が蒸発しないように蓋をする効果がありますので、最後につけるようにしましょう。
つけすぎてもベタベタになるだけなので程よい量を塗ることが大切です。

スキンケアの効果と基本的なお肌のお手入れ方法

スキンケアをしっかりと行うか行わないかで数年後の肌状態は全く異なります。
肌状態が悪いと実年齢よりも老けて見られることが多くなりますし何より女性の場合は化粧ノリも悪くなるので毎日の美容が楽しくなくなってしまうこともあるのです。
いつまでも綺麗でいるためにもご自身にとって無理なく続けられる方法を見つけましょう。
基本的なお手入れ方法はクレンジング、洗顔、洗顔後のアフターケアのスリーステップです。
クレンジングは肌にとってはとても大切なことであり、心がけておきたいことがあります。
「優しく丁寧にしっかりとメイクを落とすこと」です。
クレンジングは指の腹でなでるようにゆっくりと時間をかけて行うことが大切です。
少しでもメイクが残ってしまうとその後どんなケアを行っても効果がなくなるどころか、肌に悪い影響があるからです。
しっかりと落としたら洗顔を行います。
洗顔で大切なことは「泡で洗うこと」です。
クレンジングでしっかりと汚れを落としているので、洗顔では泡をなでるぐらいで大丈夫です。
強くしすぎると落としてはいけない皮脂までも落としすぎて、かえって乾燥を招きます。
最後に洗顔後のアフターケアについてです。
アフターケアで大切なことは「何度も肌になじませる」ことです。
化粧水に関しては手のひらで温めてから、何度か数回に分けて肌になじませます。
一気に大量につけるのではなく、数量ずつ肌になじませることがポイントです。
あとは美容液と乳液をつけすぎない程度に肌になじませて完了です。
高価な基礎化粧品でなくても、肌に負担のないものであれば大丈夫です。
あまり高いものだとたくさんの成分が入っていて肌に合わない場合もあるので、肌の弱い人は余分なものが入ってないシンプルなものが良いでしょう。